作山 智彦

名前 作山 智彦
現在の職種 司法書士資格者
趣味 最近になってまたミステリー小説にはまりだしました。
この資格を目指したきっかけ もともと法律の勉強が好きでした。そんな中、司法書士の資格は好きな分野の勉強をして取れる資格ということで自然と意識するようになりました。そして、司法書士は依頼人の財産や権利を守る重要な職務を担っていること、合格後すぐに実務に就けることなどを知り、自分も資格を得て依頼者のお役に立ちたいと司法書士を目指すようになりました。
資格合格年月日 平成28年司法書士試験合格
これまでの略歴
(前職の業界や仕事内容)
以前司法書士事務所に勤めたことがあり、補助者として勤務していましたが試験勉強時間の確保のためいったん退職しました。合格後に今の事務所にお世話になり、資格者としての経験を積ませてもらってます。
どのように就職活動をされたのですか? 私の場合は、試験合格後に資格者として雇ってくれる事務所を探すつもりでしたので、合格発表前までは特に就職活動はしませんでした。ただし、試験後に司法書士会などで、合格者又は受験者を対象にしたフォーラムなどを開催しておりましたので、そういった催しにはできるだけ参加して、先輩司法書士のお話をお聞きするようにしておりました。その中で自分を求めてくれていて、自分も行きたいと思える事務所が見つかればいいなと考えておりました。
入所したきっかけはなんですか? 東北青年司法書士会開催の開業フォーラム後の懇親会で、今の事務所の代表の高橋先生とお会いしたのがきっかけです。非常に気さくに話しかけてきて下さって、その時にお誘いを受けました。ただ、この時点ではまだこの事務所に行きたい!とまでは考えていませんでした。しかし、その後別の会でお会いした時に真っ先に声をかけてきてくれたことに感動し、お会いした先生方の中でも際立って熱心にお誘い下さったのもあって、今の事務所にお世話になることに決めました。
入所する前の事務所のイメージってどんなイメージでしたか? お誘いを受けるまでは今の事務所のことは全く知らなかったので、HPを見てみました。すると情報を積極的に発信している印象を受けまして、上昇志向が強い事務所なのかなと思いました。
実際に入ってみて、どのような印象をもちましたか? 忙しい!(笑) でも充実しています。業務は分業制ではなく担当制なのですが、自分の担当で困ったことがあると、所員の皆さんが骨身を惜しまず手助けしてくれて本当に助かってます!ありがたいやら申し訳ないやら・・・でも皆で協力し合って何とかやれてます。
これまでに経験した業務内容と現在の業務内容を教えてください! メインは不動産登記業務です。売買決済案件や銀行案件を主に担当しています。最近は商業登記も少しずつ担当するようになりました。現在はまず担当している業務を完璧にこなすことが第一ですが、今後は一般のお客様からのご相談があった時に、その初回面談をお任せしてもらえるようにもなりたいと考えています。
仕事で面白かったときややりがいを感じるときはどんなときですか? 以前得意先の方から、「一般的な質問で申し訳ないのですが・・・」と、手続きに関しての質問をされ、できるだけ丁寧にご案内したらとても感謝していただきました。その後その方から事務所に電話が来て、私を電話口に呼んでいただいて仕事を依頼していただいたことに感動しました。事務所の名前と私の名前を良い印象で覚えてもらえていることが嬉しかったですね。
困難にぶつかったときや大変だったときはどんなときでしたか? やはり仕事でミスをするとリカバリーが大変です。それは自分だけではなく所長や所員の皆にも、何よりも依頼者に多大な迷惑をかけてしまいました。まだまだ段取り良く仕事を進めているとはいいがたいのですが、所長もそんな私をすごく気にかけてくれているので、その期待に1日でも早く応えて認められるよう頑張ります。
事務所の自慢できるところを教えてください! 資格者が多いことはこの事務所の大きな強みだと思います。依頼者に対してはフレキシブルに対応でき、所員として考えてもは自分より経験豊富な相談相手が多くいることはとても安心できます。は定期的に懇親会があるトコでしょうか(笑) 。所員で幹事を持ち回りしているのですが、みんなお店選びがセンス良く、いつも楽しい会になっています。
所長はどのような方ですか? いつも穏やかで、私たちに対しては一見放任主義のように感じました(笑)。高橋先生いわく、業務を進めるのは私たち所員、自分はその仕事をもらってくるのが仕事だということで、普段の業務は信頼して任せてくださっています。でも折に触れ私たちのことを気にかけてくださってますし、私自身ではどうしても判断つかないことや、トラブルが起こった時などに相談すると、先生自身どんなに忙しくても必ず相談に乗ってくれて助けてくださいます。はいえ、そろそろ高橋先生のお手を煩わせてばかりも申し訳ないので、私自身もっと頑張らねばと思っています。
これから一緒に働く方へのメッセージ 資格者としての立場からになりますが、同じ職場に先輩司法書士が多くいるということはやはり支えになります。相談や助言を乞う相手が身近にいますし、正しく仕事を進められているかの軌道修正も一人二人より確実に早くなります。れに、私もそうですが合格後すぐに入った人もいますので、資格者になったばかりの人や経験の浅い人を「育てる」体制も整っていると思います。ともに頑張りましょう!
時間帯 一日の流れ
8:30~ 出勤。一日の予定を確認後、朝礼。
9:00~ 本日の登記申請を済ませ、連絡予定先にTEL
10:00~11:00 売買決済のため、決済現場へ向かい立会業務
11:00~12:00 帰社して決済書類を組み上げ、登記申請。
12:00~ 昼休憩。
13:00~14:00 外回り。取引先銀行に伺い、登記完了書類のお届けと、翌日以降の案件の書類のお預かり。
14:00~15:00
15:00~16:00 帰社後、翌日以降の事件書類等の作成。その他取引先との電話対応。
16:00~17:00
17:00~ 翌日申請予定の登記申請書を確認。事前準備と最終チェック。
18:00 本日の業務進捗状況と翌日の予定を確認。
  帰宅。